2015.06.07更新

営業時間の一部変更のお知らせ


http://www.rio-hair.com/blog/2015/04/rio-1-71125.html

 

 


 

 

 


こんにちは坂本です。

今日は、お客様からこんな質問が。

 

 

 


 

 白髪染めとヘアカラーで髪の傷み加減って違いますか?

 


 

 

 

 


と言う質問を受けたのでお答えしたいと思います。

 

 

 

 白髪染めとヘアカラーは以前別々にメーカーから出ていました。

 

多分10年ぐらい前ですかね。

 

今でも別々になっている物もありますが、その時は白髪染めの方がダメージありました。

 

ダメージがあると言っても少しの差ですけど。

 

その時は白髪染めはヘアダイと言ってしっかり白髪を染める感じで、色も黒い物が多い気がしました。

 

ですが、時代は変わりヘアカラーも白髪染めも一緒のカラー剤に統一されてダメージも変わりなくなってきました。

 

ですので、今はある程度同じダメージになっています。

 

 

 

 

 

昔と今は違いますが、カラー剤の種類も増えカラー剤の種類によってダメージが変わってきていますので、白髪染め、ヘアカラーそれでれではかわりません。

 

なので、ダメージを比べるのであればカラー剤の種類を選んだ方がいいと思います。

 

美容室によって扱っているカラー剤が違いますので、何を使っているかがとても重要になってきます。

 

ですので、美容室で何のカラー剤を使っているかを調べてみると良いでしょう。

 

 

 

 

ちなみにRioでは、香草カラーとナチュラルハーブカラーを使っています。

 

香草カラーは普通のカラー剤に比べてダメージは半分ぐらいです。

 

ナチュラルハーブカラーは普通のカラー剤とほぼ同じぐらいのダメージになります。

 

 

 

香草カラーについて興味ある方はこちらを

 

http://www.rio-hair.http://www.rio-hair.com/blog/blog01/color/com/blog/blog01/color/

 

 

 

 

 

以上参考にして下さい。

 

 

 

 


 

 

 

追伸
ご質問ありましたらこちらまでご連絡下さい。
メール info@rio-hair.com
ただし、沢山の質問を受けていますので、順番にお答えしたいと思いますので、返信が無い方はしばらくお待ちください。

 

 

 

 


追伸2
スペシャルコンテンツページを作りました。
興味のある方は見て下さい。
40代のヘアスタイル
http://www.rio-hair.com/40-sutairu/

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

SEARCH