2016.10.31更新

 

 

こんにちは坂本です。

 

髪が傷む原因ってなんだか分かります?

 

 

 

髪が傷む

 

 

 

髪が傷む原因を知らなければ

ダメージを防ぐことはできません。

 

今日は髪が傷む原因について

お話ししたいと思います。

 

まず、髪は基本的にカラーやパーマなので傷みます。

これは誰でも分る事だと思います。

ですから髪を傷めたくないのであれば

なるべくカラーやパーマをすることをやめましょう。

 

 

ですがパーマやカラーをしなくてはいけない

場合もあるかと思いますですので

その時はできるだけパーマやカラーを

必要最低限だけして下さい。

 

パーマが毛先に残っている場合や

毛先にカラーの色が残っているのにもかかわらず

何となくパーマやカラーをする事はあまり望ましくありません。

 

 

 

その他にも髪を痛めてしまう原因はあります。

  

特に毎日のシャンプーやドライヤーは

髪が傷む原因と言えるでしょう。

 

 

ですからシャンプーをする時は

なるべく髪を優しく扱ってあげることが

望ましいです。

 

 

 

そして乾かす時もなるべく

髪がひっかからないように

優しくしてあげることがとても重要です。

 

髪を乾かすときに髪が濡れている状態は

引っかかりやすい状態になっています。

 

 

トリートメント

 

 

 

 

ですから髪が引っかからないように

洗い流さないトリートメントをつけて

さらさらな状態になってから乾かすことが望ましいと言えるでしょう。

 

 

 

 

髪を乾かす時に髪が引っかかっている場合は

優しく解いてかえら乾かすことが

髪が傷まない予防になりますので

お忘れなく。

 

 

 

以上のことを踏まえて

髪をいたわって下さい(笑)

 

以上です。

んじゃ  また

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

SEARCH