2015.03.31更新

こんにちは坂本です。


お客様からこんな質問が、



40代です。

月に1回カラーをしていますが、白髪の量が増えてきて月に1回では間に合わなくなってきたので皆さんはどのように対処していますか?

 





と言う質問を受けたのでお答えしたいと思います。

 

 

 

白髪の量が増えてきて月に1から少しずつ増やしていくには、いくつかの方法があります。

 

例えば、単純に月に1回から25日に1回にする。

 

20日に1回にする。

 

3週間に1回にする。

 

2週間に1回にする。

 

 

などなど、その方に合った方法を探すこと。

 

 

 

 

 

 

次に、毎回リタッチカラーをするのではなく、部分的にカラーすること。

 

リタッチカラーについて

 

http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/cat1/cat1/

 

 

部分的にカラーを3週間に1回するのと、その3週間後に全体のリタッチカラーを交互にやっていくことをすると、白髪の気になる感覚が少なくなりますのでストレスを感じににくくなるでしょう。

 

 

あとは、部分カラーではなくリタッチを毎回でもいいと思います。

 

3週間に1回リタッチをすることで、気になる前にカラーできますので、お時間とお金に余裕がある方はそのほうがお勧めです。

 

でも、毎回リタッチカラーを抵抗がある方は、ぜひ部分カラーをお勧めします。

 

 

 

 

 

Rioでしている部分カラーは、顔周りと分け目だけするカラーになります。

 

基本的に伸びてきた分け目、顔周りが一番気になってくるはずなので、そこのところさえちゃんとカラーできていれば、他が伸びていてもそこまで気になる事はないと思います。

 

 

ぜひ、部分カラー試してみてください。

 

ちなみに、Rioでは部分カラーをティーゾーンカラーと言っています、

 

http://www.rio-hair.com/menu/

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 


 

 

追伸
ご質問など、ございましたらご連絡下さい。
☎ 0333181297
メール info@rio-hair.com

 

 

追伸2
髪について書いています。
髪に気になっている方はぜひ読んで下さいね。
http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/

 

 

追伸3
フェイスブックもありますので良かった「いいね」押して下さい。
Rioのフェイスブックページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2015.03.29更新


こんにちは坂本です。

 

 

お客様からこんな質問が、

 

 


 

 

カラーをしに美容室に行く前、シャンプーはした方がいいですか?

 




と言う質問を受けたのでお答えしたいと思います。

 

 

ヘアカラーする前に

 

カラーをする前は基本的にシャンプーはしない方がいいです。

 

ですが、した方がいい場合もあります。

 

ありますと言うか、マニキュアや酸性カラーの前は必ずシャンプーします。

 

マニキュアや酸性カラーは髪の表面にコーティングしていきますので、髪に汚れがついていると色落ちの原因になります。

 

ですので、マニキュアや酸性カラーをする方は、シャンプーしても問題ないと思います。

 

 

 

 

逆に普通のカラーの場合は、シャンプーしない方がいいです。

 

なぜなら、シャンプーする事によって必要な油分まで取り過ぎてしまうからです。

 

油分を取りすぐた場合、カラーをすると頭皮が敏感に反応する事もあります。

 

肌が敏感な方ほど、カラーをされる前はなるべくシャンプーしない方がいいと言えます。

 

 

 

 

 

美容室に行ってカラーをされる場合、シャンプーしないと気持ちが悪いと思っている方は、シャンプー剤は使わずに水洗いだけですすぐ事をお勧めします。

 

すすぐだけならば、余けな油分を取り除く事はないかと思いますので参考にして下さい。

 

 

 

 

以上です。

 

 



追伸
ご質問など、ございましたらご連絡下さい。
☎ 0333181297
メール info@rio-hair.com

 

 

追伸2
髪について書いています。
髪に気になっている方はぜひ読んで下さいね。
http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/

 

 

追伸3
フェイスブックもありますので良かった「いいね」押して下さい。
Rioのフェイスブックページ

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2015.03.28更新


こんにちは坂本です。


お客様からこんな質問が、



ヘアカラー、ヘアマニュキア、白髪染めの違いはなんですか?


それぞれのメリットやデメリットも教えていただけるとありがたいです。

 


 

 

と言う質問を受けたのでお答えしたいと思います。

 

ヘアカラーと白髪染め

 

ヘアカラーは、髪に色を入れる時にキューティクルを開かせるのに過酸化水素、つまり脱色剤を使ってキューティクルを開かせませす。

 

そうする事によって色が入ります。

 

これがヘアカラー剤の仕組みです。

 

 

 

 

ヘアマニキュアは、爪に塗るマニキュアと一緒で髪の表面に色を付けます。

 

ですので、ヘアカラーと違い脱色しません。

 

ですので、髪に色はつきますが、茶色く明るくなりません。

 

主に白髪の方が使うカラー剤になります。

 

 

 

最後に白髪染めですが、白髪染めと言っても色々ありますが、質問されている内容からだと一昔前のヘアダイ(白髪染め)だと思いますので、こちらで答えていきます。

 

白髪染めですと昔はカラーと白髪染めというジャンルで分けられていましたが、今はヘアカラーも白髪染めも一緒になっています。

 

 

ただ、明るい髪の色にしたい場合、白髪には色が入りません。

 

入らないと言うよりも色が薄いです。

 

詳しくはこちらを

 

http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat12/cat/

 

 

と言う感じで今はヘアカラーも白髪染めもそんなに違いがありません。

 

 

 

 

デメリット、メリットですが、ヘアカラーは脱色剤が入っていますのでダメージが出ます。そのかわりに髪を明るくする事が出来ます。

 

思った明るさまで明るくする事が出来ますので、その点はメリットと言えるでしょう。

 

 

 

 

マニキュアの場合は、根本ギリギリから染めますので、白髪を気にされている方はマニキュアの場合すぐに気になってしまうかもしれません。

 

マニキュアのメリットは髪が傷まないって事もありますが、ビビットなピンク、赤、青、紫などいろんな色が出せますのでその辺はメリットですね。

 

 

 

 

 

白髪染めは、ヘアカラーと一緒なのですが白髪に入る色が限られてます。

 

ですので、デメリットは白髪の色が限られて明るく出来ない事です。

 

 

白髪の明るさについてはこちらをお読み下さい。

 

http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/cat1/cat3/

 

 

 

 

白髪染めのメリットは、真っ黒じゃないと言う事ですね。

 

白髪染めのは明るくは出来ませんが、ほんのり茶色ぐらいなら出来ますし、マニキュアをされた事がある方なら分ると思いますが、ムラにならない。

 

白髪染めはそこまでムラになる感じが少ないの自然な茶色で一色に染まるってところがメリットなります。

 

 

 

 

ちょっと書き忘れてましたけど、マニキュアは白髪と黒髪のムラもデメリットに入りますね。

 

 

 

 

と、言う感じになりますので参考にして下さい。

 

 

以上です。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

追伸
ご質問など、ございましたらご連絡下さい。
☎ 0333181297
メール info@rio-hair.com

 

 

 


追伸2
髪について書いています。
髪に気になっている方はぜひ読んで下さいね。
http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/

 

 

 


追伸3
フェイスブックもありますので良かった「いいね」押して下さい。
Rioのフェイスブックページ

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2015.03.27更新

 

こんにちは坂本です。

お客様からこんな質問が、

 


 

ヘアカラーにも脱色する働きはありますか?

ずっとヘアカラーで髪が茶色かったのですが、いま地毛の色に戻している途中です。

根本から10センチくらいは伸びて地毛になってきました。

プリンが目立ってきたので、境界線をなくしたいのですが、ヘアカラーで染めたら新しく生えてきた根元はまたプリンになりますよね?

 





と言う質問を受けたのでお答えしたいと思います。

 

 

 

 

ヘアカラーは1剤と2剤とで出来ています。

 

1剤と2剤を合わせることで化学反応を起こして髪のキューティクルを開かせています。

 

このキューティクルを開く作業が脱色する作用があります。

 

ですので、暗めに選んだ色でも2ヶ月もすれば少しずつ明るくなって行きます。

 

 

 

 

 

質問者からの質問内容だと、茶色い髪を自毛に戻したいって事だと思いますので、自毛に戻す場合にいくつかの方法があります。

 

まず、マニキュアを使う。

 

マニキュアは、脱色剤などは入っていない為、茶色い髪もある程度は染まります。

 

ただ、前にも書きましたが、マニキュアは一時的染毛剤なので、一時的です。

 

ですので長持ちはしません。

 

 

 

 

 

次に、ヘナカラー。

 

ヘナカラーも脱色剤は入っていない為、暗くしなりません。

 

ただ、ヘナの場合色が赤しかないので、茶色い髪にすると

 

 

ヘナカラー

 

 

こんな感じになります。

 

左がヘナカラー前、右がヘナをした後。

 

赤くなります。

 

 

 

髪のベースの色にもよりますが、こんな感じに赤くなる事が特徴ですので、そこを理解して使う方がいいと言えます。

 

 

 

 

 

最後に、香草カラーのマイルド。

 

香草カラーのマイルドカラーはある程度色の幅があり好きな色に出来るし、もちろん脱色剤は入っていない為明るくはなりません。

 

傷まないカラーで、髪の色が希望通りになるのであれば多分香草カラーのマイルドが一番良い方法だと思います。

 

 

 

 

香草カラーのマイルドについて

 

http://www.rio-hair.com/blog/2015/01/post-157-32134.html

 

 

 

 

 

 

以上です。

 

参考にして下さい。

 

 

 



追伸
ご質問など、ございましたらご連絡下さい。
☎ 0333181297
メール info@rio-hair.com

 

 

追伸2
髪について書いています。
髪に気になっている方はぜひ読んで下さいね。
http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/

 

 

追伸3
フェイスブックもありますので良かった「いいね」押して下さい。
Rioのフェイスブックページ




投稿者: ヘアーメイクリオ

2015.03.26更新

こんにちは坂本です。

 

お客様からこんな質問が、

 



白髪染めって何色なんですか?

 


 

 

 

と言う質問を受けたのでお答えしたいと思います。

 

 

白髪染めの色は、普通のカラーと一緒で何色にも出来ます。

 

この色しか出来ないとかはないです。ですが、白髪の染まる色に問題があるかと。

 

 

 

明るさを明るくして行けば必ず白髪の染まる色味は染まりずらくなりますし、色落ちも早いです。

 

明るく染めたい場合、白髪の染まる色が薄くても構わないのであればいいと思います。

 

ですが、白髪の色がしっかり染まった方が良ければなるべく暗めの色を選んだ方がいいでしょう。

 

 

 

白髪染めの明るさ

 

 

このぐらいの明るさや

 

 

 

白髪染めの明るさ

 

 

 

このぐらいの明るさなら白髪も染まると思います。

 

 

 

ですが、

 

 

白髪染めの明るさ

 

 

 

 

 

このぐらいの明るさや

 

 

 

白髪染めの明るさ

 

 

 

 

このぐらいの明るさになると白髪浮いてきます。

 

染まりが悪い感じになりやすいです。

 

 

 

 

このぐらいの明るさが希望であれば、白髪染まらなくてももしくは、白髪の入りが薄くても問題なければいいと思います。

 

 

 

 

ですが、僕としては染めた後2ヵ月もすれば白髪は色が落ちてしまいますので、またカラーをしなければならなくなります。

 

そうすると髪のダメージも上がりますので、出来ればやりたくないです。

 

それでもダメージがあっても、白髪が染まりが悪くてもそれでも良ければしてもいいと思います。

 

 

 

 

 

ですが、20代の頃と違い年齢が上がるに従って髪のハリやコシなどダメージしやすくなって行きますし、染める回数が増えればそれだけ体に対するダメ―ジも蓄積してきますので、そこも少し気にされてはいかがでしょうか?

 

ですので、僕的にはこちらの

 

白髪染めの明るさ

 

明るさか、

 

 

白髪染めの明るさ

 

 

こちらの明るさぐらいがオススメと言うことになりますので、参考にして下さい。

 

 

以上です。

 

 

 



追伸
ご質問など、ございましたらご連絡下さい。
☎ 0333181297
メール info@rio-hair.com

 

 


追伸2
髪について書いています。
髪に気になっている方はぜひ読んで下さいね。
http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/

 

 

追伸3
フェイスブックもありますので良かった「いいね」押して下さい。
Rioのフェイスブックページ

 

 

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2015.03.22更新

こんにちは坂本です。


お客様からこんな質問が、

 


 

美容室できちんと白髪を染めてほしいときには、はっきり白髪染めとオーダーするしかないのでしょうか?

表面にはなくてめくると内側にあるので、そのことをきちんと伝えてカラーをしてもらいましたが、行く前よりはいいような気はしますが、金色みたいになっている髪の毛もあってすごく嫌です。

どう伝えればよいのでしょうか?

 


 

 

と言う質問を受けたのでお答えしたいと思います。

 

 

しっかり白髪を染めたい場合、はっきりと言って頂いた方がこちらもそのように対処出来ますので、ちゃんと言って頂いた方がいいかと思います。

 

僕たちもお客様が本当に望んでいる事や、気にしている事など言わなくて分るように努力していますが、気付かない事もありますので、その時はきちんと言って頂けた方がいいかと思います。

 

 

 

カラーの白髪に関して言えばしっかり白髪を染める場合、カラー剤の塗布量と色味によりますので、色も7レベル以下の色味を選択された方がいいと思います。

 

塗布量はこちらの判断になりますが、白髪の量の多い所や染まりづらい色の入りにくい所など考慮して施術させて頂いてます。

 

 

 

7レベル

 

 

 

 カラーの明るさについて気になる方はこちらをお読みください。

 

http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/cat1/cat3/

 

 

 

 


 

 

追伸
ご質問など、ございましたらご連絡下さい。
☎ 0333181297
メール info@rio-hair.com


追伸2
髪について書いています。
髪に気になっている方はぜひ読んで下さいね。
http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/


追伸3
フェイスブックもありますので良かった「いいね」押して下さい。
Rioのフェイスブックページ

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2015.03.21更新

こんにちは坂本です。


毎お客様からこんな質問が、

 


 

美容院で白髪染めをするといつもとても暗い色になってしまい、明るめの色で染めてもらうと白髪が染まりません。

暗くなりすぎず、白髪がしっかり染まる事は出来ないのでしょうか?

 




と言う質問を受けたのでお答えしたいと思います。

 

 

 

美容室で扱っているカラー剤で、白髪しっかり染まる明るさがあります。

 

どのメーカーも大体は7レベルの明るさまでは、しっかり白髪染まりますが、7レベル以上になると白髪に入る色が薄くなって行きます。

 

 

 

 

白髪が染まる明るさ

 

 

 

 

これが見本になりますが、この7と書いてある明るさまでが白髪しっかり染まる明るさになります。

 

ただし、この7レベルも全体の髪の量と白髪の量の7対3まで、つまり白髪の量があまりにも多い場合だと、白髪は浮きます。

 

浮くと言うか、しっかり染まりません。

 

染めた所が光って見える感じになります。

 

 

 

 

 

 

ですので、白髪の割合が30%以上の場合は1レベル暗めの色を選んであげましょう。

 

そうすればしっかり白髪染まるとおもいます。

 

 

 

 

白髪の少ない方は、7レベルでカラーされてもしっかり白髪が染まるはずですので、やってみて下さい。

 

 

 

以上です。

 

参考にして下さい。

 

 

 


 

 

追伸
ご質問など、ございましたらご連絡下さい。
☎ 0333181297
メール info@rio-hair.com

 

 


追伸2
髪について書いています。
髪に気になっている方はぜひ読んで下さいね。
http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/

 

 


追伸3
フェイスブックもありますので良かった「いいね」押して下さい。
Rioのフェイスブックページ

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2015.03.20更新

こんにちは坂本です。

 

 

毎お客様からこんな質問が、

 


 

 

毎回カラーをするたびに髪の毛が痛むような気がします。

傷まないカラーはないでしょうか?

 


 

 

と言う質問を受けたのでお答えしたいと思います。

 

 

傷まないカラー

 

傷まないだけで考えれば、カラーも色々あります。

 

まず、マニキュアは傷みませんしヘナカラーも傷みません。

 

後は、香草カラーのマイルドも傷みませんし、酸性カラーなども傷みません。

 

ただし、ダメージはしませんが髪が茶色く(明るく)なる事はありません。

 

 

 

 

 

マニキュア、ヘナ、香草カラーマイルド、酸性カラーなどなど、この傷まないカラーは色を入れる事は出来ますが、色を抜くつまり脱色する事は出来ないんです。

 

分りますか?

 

 

 

 

脱色する事が出来ないと言う事は、白髪や退色した髪に使うものなんです。

 

ここも分りますか?

 

 

 

 

 

ですので、傷まないカラーとは脱色しない色を入れるだけのカラーになります。

 

そうすれば傷まないでカラーする事が出来ます。

 

 

 

 

ここをしっかり頭に入れておいた方がいいと思います。

 

で、明るくしたいって時もありますよね?

 

僕も白髪を染めながら髪を少し明るく見せたいので、その時には脱色剤が入っているカラー剤を使います。

 

 

 

 

それが、普通のカラー剤です。

 

分ります?

 

 

 

 

この辺の髪に色が入るけど傷まないとか、脱色が出来ないから明るくならないなど理解できていないとなんで傷むのか?

 

って疑問に思う事だと思います。

 

 

 

 

 

で、貴方がどんな色にしたいのか?って事なんです。

 

貴方がどんな色にしたいのか?によって貴方に合うカラー剤を僕が提案出来る訳です。

 

 

 

 

だから、逆に貴方がどんな色にしたいのかが分らなければ僕もどう言っていいか分らないのです。

 

ですので、傷むから傷まないカラーはないですか?と言われれば色々あります。

 

ただ、その傷まないカラーで貴方が満足出来ますか?

 

白髪色が入る、退色した髪の色に色を入れるだけですか?って事なんですよね。

 

 

 

もし、髪の色を明るくしたいとか、お洒落な今時の髪の色にしたいなど希望している色があるのであれば、それは脱色剤が入りますので、ある程度のダメージは仕方がない事だと理解してほしいです。

 

 

でも、その脱色剤が入っている中にもなるべく傷まないようにしたいと言うことであれば、香草カラーのリメイクをお勧めします。

 

長くなってしまいますので香草カラーのリメイクをここで説明はしませんが、興味のある方は、こちらをご覧ください。

 

香草カラーリメイクについて

 

http://www.rio-hahttp://www.rio-hair.com/blog/2015/03/rio-146-51622.htmlir.com/blog/2015/03/rio-146-51622.html

 

 

 

以上です。

 

参考にして下さい。

 

 


 

 

 

追伸
ご質問など、ございましたらご連絡下さい。
☎ 0333181297
メール info@rio-hair.com

 



追伸2
髪について書いています。
髪に気になっている方はぜひ読んで下さいね。
http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/

 



追伸3
フェイスブックもありますので良かった「いいね」押して下さい。
Rioのフェイスブックページ

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2015.03.19更新

こんにちは坂本です。

 

 

今日は香草カラーのリメイクについて

 

香草カラーリメイク

 

 

 

香草カラーのリメイクは普通のカラー剤と同じです。

 

普通に茶色くなりますし、暗くすることも出来ますし、もちろん白髪も染まります。

 

 

 

 

じゃ~普通のカラー剤と何が違うの?って事なんですけど、普通のカラー剤に比べて成分が90%自然な物から出来ています

 

ですので、普通のカラー剤に比べて体に優しです

 

ダメージレベルで言えば、普通のカラー剤に比べて約半分のダメージで出来てしまいますので、ダメージレスって感じに近いです。

 

そのうえ髪が細い方であれば、普通のカラー剤だとより細くなりますが、細くならないです

 

クセがある方であれば、髪にコシが出てクセが伸びます

 

そして、カラー剤の匂いや刺激も少ないです

 

そんなカラー剤です。

 

 

 

 

ここで誤解をされないように言っておきますが、まったく傷まない訳ではありませんし、全く刺激がないわけでもありません。

 

普通のカラー剤に比べてみると全てにおいて嫌なところは半分以下です。

 

良い所の方が多いです。

 

 

 

 

ですので月に1回カラーをされるのであれば、なるべく体に優しいなおかつ髪にも負担が少ないカラー剤と言うことで香草カラーのリメイクがあると思って下さい。

 

Rioで香草カラーのリメイクを選ばれているお客様は、封つのカラー剤と比べてその違いがより実感出来ているから、リピートされているんだと思います。

 

ぜひ、髪に気を使いたい皆さんにオススメしたいカラー剤です。

 

 

 

 

 

以上参考にして下さい。

 

 

 


 

 


追伸
ご質問など、ございましたらご連絡下さい。
☎ 0333181297
メール info@rio-hair.com

 

 

追伸2
髪について書いています。
髪に気になっている方はぜひ読んで下さいね。
http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/

 

 

追伸3
フェイスブックもありますので良かった「いいね」押して下さい。
Rioのフェイスブックページ

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2015.03.18更新

こんにちは坂本です。


お客様からこんな質問が、

  


 

40歳を過ぎて白髪が一気に出だしました。

以前は市販の白髪染めを自分でしていましたが、髪が傷んで乾燥し細毛・薄毛になってきた気がして1年ほど辞めていました。

しかしここのところ隠し切れなくなってきたので、また染めようと。

ヘアカラーの方法も色々有ると思いますが、市販のカラーを使う場合はヘアマニュキュアと白髪染めのどちらが髪が傷まずに、色が長持ちしますか?

以前に自分で染めていたのは、普通の白髪染めです。

 


 


と言う質問を受けたのでお答えしたいと思います。

 

 ヘアマニキュア

 

 

40代になると白髪気になりますよね。

 

僕も35歳ですが、とっても気になります。

 

 

 

 

取りあえず、質問がヘアマニキュアと白髪染めどちらが傷まないか?って事では、マニキュアの方が傷まないと思います。

 

一般的だと思いますが。

 

 

 

次に、どちらが色の長持ちがしますか?って事ですが、これは白髪染めの方が持つと思います。

 

 

 

 

マニキュアは一時的染毛剤と言われていまして、その名の通り一時的です。

 

逆に白髪染めは、半永久染毛剤と言われていまして、これも半永久的です。

 

 

 

 

 

ですので、ダメージを一番に気にするのであればマニキュアですし、色持ちを一番に気にするのであれば白髪染めですかね。

 

ちなみに、何もしていない髪に白髪染めをすると傷んでない髪に比べて、白髪染めをした髪は10倍傷むと言われています。

 

ですので、その辺も参考にしてお考え下さい。

 

 

 

 

ダメージか、色持ちか。

 

その人の考え方しだいだと思います。

 

 

 

以上です。

 

 


 

 

追伸
ご質問など、ございましたらご連絡下さい。
☎ 0333181297
メール info@rio-hair.com


追伸2
髪について書いています。
髪に気になっている方はぜひ読んで下さいね。
http://www.rio-hair.com/blog/blog01/cat3/


追伸3
フェイスブックもありますので良かった「いいね」押して下さい。
Rioのフェイスブックページ

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

前へ

SEARCH