2016.08.28更新

こんにちは坂本です。

 

香草カラーをされたことがない方も

沢山いらしゃると思いますので

香草カラーのやり方をご紹介します。

 

 

まず、こんな感じのお客様です。 

 

 

香草カラー

 

皆さん根元が伸びて来て

カラーしたいなぁ~って感じですよね。

 

 

モデルさんは1カ月半前にカラーをしています。

 

 

そこでちょっと香草カラーの特徴を説明します

香草カラーの特徴として毛先に色を入れるのに

まったく傷まないんです。

 

分かります? 

ここが普通のカラーとは全く違う所で

普通のカラー剤は毛先に色を入れると傷みます。

絶対に傷みます。

大なり小なり傷みます。

 

ですが、香草カラーの場合は毛先に色を入れる事は

全く傷まないんです。

傷まないから何度でも色を入れられるんです。

 

 

ただ、暗くする事は出来ますが、

明るくする事は出来ません。

 

 

出来ません、って言うよりも

明るくする場合、やっぱり香草カラーとも

言えども、ダメージが出てしましますので

ダメージが気にならないのであれば問題ないです。

 明るく出来ます。

 

 

 で、お客様は

 

 

 

香草カラーモデル

 

 

 

 

 

大体根本2cm伸びています。

 

 

 

 

 

 

香草カラー前

 

 

 

 

 

 

そして毛先も少し色を入れたいそうです。

根本付近が少し毛先より明るくなっているのが

気になるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

香草カラーのカラー剤

 

 

 

 

 

左がリメイクで 

右がマイルドになります。

 

 

今回は根元を希望の明るさまで明るくして 

毛先は少し落ち着かせます。

 

ちなみに塗り終わると

 

 

 

香草カラー塗布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 香草カラーの塗布2

 

 

 

 

 

 

香草カラーの塗布3

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。 

結構海苔見たいに暗く見えますが

これで希望の色になります。

 

 

で、ここまでやると仕上がりは

 

 

 

 

 

香草カラーの仕上がり

 

 

 

 

 

香草カラーの仕上がり2

 

 

 

 

 

 

香草カラーの仕上がり3

 

 

 

 

上の方にオッサンが写ってますけど

気にしないで下さい(笑)

 

 

 

 

香草カラーの仕上がり4

 

 

 

 

 

 

 

と言う感じで仕上がります。

 

僕的にはキレイに染まったのではないのかなぁ~

と思いますが、いかがでしょうか?

 

 

まったく毛先を傷めることなく 

キレイに染まる

かつ、デトックス作用もある香草カラー

 

 

ぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ちなみに、ハンドブローだけでツヤツヤになります。

それが香草カラーです。 

 

 

 

 

以上です。

んじゃ  また

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2016.08.26更新

こんにちは坂本です。 

 

今日は香草カラーについて。

 

香草カラー

 

 

 

 

香草カラーをまだまだご存じない方もいらしゃいますので

簡単お話ししたいと思います。

 

 

香草カラーとは、主に90パーセントが自然なものから

できているカラー剤になります。

 

90%の成分は、漢方やハーブがほとんどです。 

でも残り10パーセントが科学的なものが使われています。

 

ですが、その残り10パーセントの科学的なものが使われないと 

髪の毛が茶色く明るくなる事が出来ません。

 

ですから100パーセント自然なもので出来ていて

明るくなるカラー剤は今のところ存在しないと思います。

 

 

 

香草カラーには種類がありまして

マイルドカラーとリメイクカラーと2種類あります。

 

 

主に普通のカラー剤と近いものが

リメイクカラーとなります。

 

ですから髪の毛は明るくすることができます。

香草カラーだからといって

暗くしかならないと言う事はありません。

白髪もしっかり染まりますし

持ちも普通のカラー剤と同じです。

 

 

ただ天然成分できている香草カラーは

ビットな色あいや鮮明な色は出す事が難しいと思います。

 

自然なカラーの色などはでます。

ブラウン系の色だと思って下さい。

 

 

 

ブラウン

 

 

 

 

少し話はそれますが

Rioでされているお客様の

ほとんどが香草カラーです。

 

 

普通のカラー剤と香草カラーを比率にすると

普通のカラー剤対香草カラー

0.5対9.5です。

ですからほとんどのお客様が香草カラーをRioで

 選んでいただいてます。

  

 

その位香草カラーが良いって事ですかね。

少し話はそれましたが次は香草カラーのマイルドについて

お話ししたいと思います。

 

ちょっと香草カラーを説明すると言っても

そこまで単純じゃないので

もう少しお付き合い下さい。

 

 

以上です。 

んじゃ  また

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2016.08.15更新

こんにちは坂本です。

 

 

 

  

白髪染めは

 

 

 

白髪染めと普通のカラーと何が違うか知ってます?

お客様からちょいちょい聞かれるんですが

今日はその違いについてお話しします。

 

 

10年ぐらい前、白髪染めと普通のカラーと別々に分かれていました。

 

 

この時、白髪染めはある意味黒染め~

的な感じもありました(笑)

 

明るくするカラーは白髪染めとは違い

最先端な感じもありました(笑)

 

なので別々って感じでした。

ですが今は別れていません。

 

 

今は昔に比べてカラー剤にそんなに違いがないのですが 

ちょっと前まで、白髪染めは通のカラーに比べて

ダメージがあると言われていました。

 

 

白髪を染める時に黒髪と白毛を一緒の明るさ

つまり両方同じ位の髪の色

もしくは近い色にしていくために

 

 

黒髪は脱色、白髪は色を入れるための薬剤が

それぞれ使われそれがダメージになりました。

 

 

なので昔の白髪染めは普通のカラー剤に比べて

痛みが強く出ました。

 

 

でも今ではカラー剤の種類として

白髪染めと言う種類は関係なく

主に7レベル以下であれば色が

白髪にも入ることができます。

 

 

ただ7レベル以上になると白髪に色が入りますが

薄く感じることがあります。

 

 

7レベル

 

 

白髪をしっかり染めたい場合

7レベル以下を選んだほうがきれいに染まると思います。

 

 

少し話はズレましたがこんな感じです。

 

白髪染めはちょっと前まで

悪的な感じがありましたが

 

今は綺麗に染めれる技術が出来たので

そこまで悪的な感じがなくなったと思います。

 

 

何か文章がおかしくなってきたので

この辺で無理やり終わらせます(笑)

 

 

 

んじゃ  また

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

SEARCH