2016.10.25更新

こんにちは坂本です。

  

 

市販のカラー剤を使ってご自分でカラーを

されている方は結構多いと思います。

 

  

美容師の僕でも自分でカラーを

することはとても難しいです(笑)

 

ですから誰かにやってもらうことが

1番いいと思われます。

 

ですが、どうしても自分でやらなければならない場合は

白髪の見える顔の周りや

つむじの周り分け目など

白髪が目立ってしまうところだ

けカラーをすることをお勧めします。

  

そうすると、自分以外の周りからは

白髪が見えないと思いますので

最低限見えないようにすることが

望ましいと言えるでしょう。

 

顔の周りや、分け目など

目に見えるところだけ伸びたところだけ

カラーをするのですぐ目立ってくる可能性があります。

 

なので2ヶ月に1回位は美容室で

全体的にカラーをやってもらう事が

よろしいのではないでしょうか?

 

 

市販のカラー剤はあくまでも

美容室に行くまでの繋ぎと

思っていただいた方がいいと思います。

 

 

美容師の僕でさえ絶対に綺麗に染める事は

難しいので。

 

 

まぁ、綺麗に染めなくてもいい~

っていう方はいいと思いますが。

 

 

 以上です。

んじゃ  また

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2016.10.23更新

 

 

こんにちは坂本です。

 

カラーをしても毛先に思った色が入らない~

とか、すぐに色が落ちてしまう~

って事ありません?

 

 

 

毛先に

 

 

 

 

毛先に色がない入らないとか

直ぐに色が落ちてしまう理由はたくさんありますが

1番の原因が手先の中にあるタンパク質が

ダメージにより変形変形してしまった事が

原因で色が入らい事が多いです。

 

 

つまり傷んでいるから色が入らない

って事です。

 

 

この毛先にカラーの色が入らないと言う事は

ダメージがある程度進行してタンパク質が

変形してしまった

言わばパーマもかからないと言うことになります

 

 

なのでそこはしっかりと把握しておいた方が

いいと思います。

 

 

 

 

ちなみに、その状態になると

ある程度シャンプーのときに引っ掛かる事が多いと

思われますので、ここから先はどんどんとダメージが

進行して行きやすい状態です。

 

 

 

 

そして毛先が割れて枝毛になる事と思います。

さらに枝毛が出来て最後は切る事になるでしょう。

 

 

 

えだげ

 

 

 

 

トリートメントなど、なるべく髪が傷まないように

することも出来ますが

焼け石に水と思って頂いた方がいいかもしれません。

 

 

 

ですから、そのようにならないように

気をつける方が賢明だと思います。

 

 

例えば、パーマを繰り返し掛けない

パーマをかけた後にストレート掛けない

カラーはリタッチ中心で毛先までしない

などなどそのほかも沢山ありますので

ダメージしないように心がける事がとても大切です。

 

 

 

じゃ~何をすれば髪が傷むのか?

は次の機会に書こうと思いますので

今日のところは毛先にカラーの色が入らない

とか入ってもすぐ落ちてしまうとかになった場合は

かなりの危険信号だと言う事をお忘れに

ならないようにしましょう。

 

 

 

 

 

最後に、僕もカラーとパーマのやり過ぎで

髪がチリチリなり、カラーの色が入らないって事がありました。

 

結構惨憺たる結果になってしまいましたので

皆様お気を付けくださいませ。

 

 

 

 

特に20代の頃は無理も平気だと思ってしまいますが

絶対に無理は禁物です(笑)

 

 

 

 

以上です。

んじゃ  また

 

 

 

  

 

 


 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2016.10.20更新

 

こんにちは坂本です。

 

 

女性の方は生理中や妊娠中などは

はカラーを控えた方がいいという考え方もあるようです。

 

 

 

妊娠中

 

 

 

基本的にはカラー剤は体に良い事はありません。

 

特に女性の方の生理や妊娠中など

体が過敏になっている時は避けた方がいいと思います。

 

なのでできればカラーはしないほうがいいと言えるでしょう。

 

白髪染めも同じです。

 

女性の方の妊娠中や生理中は

体のホルモンなどの変化により

いつも思わなかったカラー剤の臭いや

刺激等敏感に感じることがあります。

 

 

ただこれも全員が全員同じ症状になるとは

限りませんのでその方その方によって

感じ方が違います。

 

 

もちろん何も感じない方もいらしゃいます。

 

 

妊娠中や生理中の方は

カラーや白髪染めあとはパーマなども

はなるべく避けたほうがいいと思われます。

 

 

ただ、絶対にしない方がいい

と言う訳ではありませんので

そこはお間違えなく。

 

 

 

 

以上です。

 んじゃ  また

 

 

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

2016.10.10更新

 

こんにちは坂本です。

 

もしカラーをして何らかのアレルギー反応が

出てしまった場合

必ず病院に行きましょう。

 

 

かぶれてしまう

 

そして何が原因でかぶれてしまったのかを

しっかり把握する事がとても大切です。

 

 

もしカラー剤が原因でかぶれてしまった場合は

カラーは今後することができないと

思っていただいたほうがいいと思います。

 

 

基本的には花粉症と同じで

体の中のコップの水が溢れてしまうことが

原因と言えますので

体の中のコップが大きくならなければ

コップに水を注ぐ事はできませんので

カラーも体の中のカラーのコップが

大きくならなければかぶれてしまうでしょ。

 

コップ

 

 

ですのでそれは頭の片隅に

置いておいた方が良いと思います。

 

 

カラーをした時に

かぶれてしまう事が

カラー剤が原因じゃない場合もあります。

 

 

その時はまたカラーをすることが出来ます。

ですのでカラー剤が原因でアレルギー反応が

出てしまったのか、そうじゃないのかを

必ず病院で調べる事がとても重要だと言う事です。

 

 

 

以上です。 

んじゃ  また

 

 

 

 

投稿者: ヘアーメイクリオ

SEARCH