ヘナとは

ヘナとは、インドにある「ミソハギ科」という種類の常緑低木で、葉を乾燥させて粉末にしたもの。

お湯で溶き髪に塗ると、髪をオレンジに染めることができます。

 

ヘナには「ローソン」というオレンジ色の色素が含まれており、この色素がタンパク質に絡み付く性質があります。

このローソンが髪や皮膚のタンパク質に付着することによって、髪の毛や皮膚が染色されることを利用したのがヘナカラーです。

 

ヘナは染めれば染めるほど髪にツヤ、ハリ、コシが出ますので、髪の衰えを感じる方には特におススメです。

天然100%ですので、今までのヘアカラーで頭皮にかゆみが出たり、かぶれたりする方にも安心してお使いいただけます。

※但し、植物アレルギーによるかぶれの場合もございますので、使用する前に必ずパッチテストをしてください。

 

 

 

 

 

 

 

メリット、デメリット

 

メリット

 

・髪や頭皮を傷めない

植物を使った「天然染料」なので、地肌や髪の毛にはいっさいダメージがありません。化学染料入りの白髪染めで荒れた経験がある場合も、安心して染めることができます。

 

 

・コンディショニング効果

ヘナカラーはダメージがないだけでなく、髪の毛のコンディショニング効果があります。天然のヘナが髪の毛をコーティングすることで、サラサラツヤツヤになります。

 

 

・頭皮の汚れを吸着し落としてくれる

ヘナには乾燥を誘う性質があり、頭皮の汚れを吸着してキレイに落とすことができます。一般的な白髪染めから、ヘナカラーに変えてから、フケや痒みなどの頭皮のトラブルが減ったという声も聞きます。

 

 

 

デメリット

 

・白髪染め後2~3日色落ちしやすい

髪の内部まで浸透する白髪染めに比べ、ヘナの色素は髪の表面にしかつきません。なので、2〜3日のあいだ服への「色移り」をする事があります。心配なときは3日間は白い洋服を避けて、枕にもタオルを敷いて寝ましょう

 

 

・黒髪を明るくする事はできない

ヘナには脱色する作用がないので、黒髪を明るくする事ができません。地毛よりも明るい髪を楽しみたい人には不向きです。

 

 

・白髪をしっかり染めるためには、何度か繰り返す必要がある

天然の染料なので、一般的な白髪染めに比べて色味が薄付き。繰り返し染めることで色味が濃くなっていくので、初めての場合は2回以上染める必要があります。それ以降は、根元の白髪だけなので、1度でも白髪は十分隠すことができます。

 

 

 

こんな人にオススメ

 

・髪や頭皮を傷めたくない

・他のカラー剤でかぶれたことがある

・明るい髪は飽きたので、地毛の黒髪を楽しみたい