香草カラーってな〜に?

香草カラーとは、90%が自然なものからできているカラー剤です。

残り 10%は科学的なものが使われています。

ですが、残り10%科学的な物が使われないと髪の毛が明るくなる事が出来ません。

ですので100%自然なもので出来ていているカラー剤で明るくなるカラー剤は存在しないと僕は思います。

 

 

 

香草カラーの種類には主にマイルドカラーとリメイクカラーと2種類あります。

 

マイルドカラーについて→http://www.rio-hair.com/blog/2015/01/post-157-32134.html

 

リメイクカラーについて→http://www.rio-hair.com/blog/2015/03/rio-146-51622.html

 

 

皆様がカラーをされている普通のカラーと近いカラー剤がリメイクカラーとなります。

このリメイクカラー、普通のカラー剤と一緒で白髪も染まりますし明るく茶色い髪の色にする事が出来ます。

ですから一般的なカラー剤に近いと思います。

 

 

一般的な思考で、香草カラーと言えば暗くしかならないと言うニュアンスだと思いますがそんな事はありません。

ただ香草カラーなので、自然に近い体に優しいように出来ていますので、デザインを求めるビビットな色あいや、鮮明な色は出す事は難しいと思います。

ですが、自然なカラーの色などは出しやすいと思います。

(自然な色とは、ナチュラルな色味の事を指します)

 

 

ここで、Rioにいらして頂いてるお客様について少し、Rioでされているお客様のほとんど、約97%以上が香草カラーを選ばれています。

Rioで普通のカラー剤を選ばれている方が3%です。

97%が多いのか少ないのかはご自身で判断される事だと思いますが、僕は香草カラーを選ばれている方が多く感じますし、香草カラーを継続してされている、つまり普通のカラー剤と香草カラーの違いがはっきりとお分かりになるからだと確信しています。

 

 

ですからほとんどのお客様が香草カラーを選んでいただいてます。

 

香草カラーのやり方

<Before>

 

香草カラーの特徴で、毛先の色を入れるのにまったく傷みないマイルドカラーというのがあります。

ここが普通のカラーとは全く違います。

傷まないので、色を何度でも入れられます。

退色が気になって何度も毛先までカラーをされると言う方にはピッタリなカラー剤になると思います。

 

 

ただし、暗くする事は出来ますが明るくする事は出来ません。

出来ませんというよりも、明るくする場合香草カラーとも言えどもダメージが出てしいます。

ダメージが出てしまうので、ダメージが出てしまって構わないと言う方は香草カラーのリメイクを選ぶ事をオススメします。

ほとんどの方が、ダメージは気になるはずだと思っていますので、髪を傷めたくない理由があるのならば香草カラーを選んで間違いないと確信しています。

 

 

 

ここで事例ですが、こちらのお客様は大体根本2cm伸びています。

 

香草カラーのカラー剤です。
左がリメイクで右がマイルドです。

 

マイルドカラーについてはこちら

 

リメイクカラーについてはこちら

<After>