人の印象を大きく左右する前髪はヘアスタイルを作る上で最も重要なポイントです。

でも、自分に似合う前髪が解らなかったり、コンプレックスをカバーしたいけどどうしようか迷っていたりしませんか?

そこで今日はそんなあなたに顔の形に合う前髪の作り方のをご紹介します。

面長さんは特に必見!!
コンプレックスをカバーしてくれる前髪の作り方です。

 

 

 

<前髪を作って面長をカバーする方法>

 

 

こちらのモデルさんは前髪があるスタイルです。

 

面長の方は前髪を作るのが一番です。

 

でも、前髪を作る時に大事なポイントがあります。

赤い三角形で囲んだ所がベーシックで一般的な前髪の幅です。
しかし面長の人には幅が狭いので余計に縦の長さが強調されてしまいます。

面長の方は青で囲んだ三角形の幅で作る事です。
赤の三角より幅を広く取ることでサイドへ相手の目線が逃げるので面長がカバーできます。

もう一つおまけとして緑で塗ったところ。ここはアイドルラインといって前髪からサイドにつながる髪です。

 

ここを少し長く残すことで輪郭もカバーしてくれるし、アップなどした時に少し残す髪としても重要です。

 

前髪を作る時は、この形がオススメですのでぜひお試しください!

 

 

 

<長めの前髪で面長をカバーする方法>

 

 

前髪を作るのに抵抗があったり、こちらのモデルさんのように前髪を作らず長めが好きな人もいると思います。

 

前髪が長めだとカッコいい、クール、大人っぽいなど印象があります。

 

 

ここがポイントです!

 

赤い矢印のようにサイドに流すようなスタイルにすると、相手の目線はサイドに逃げます。

 

前髪の長さは眼の下~鼻くらいの長さがいいでしょう。

 

このように前髪を作らず、長めの前髪でも視的効果で面長をカバーすることも可能です。

 

全体に緩めのパーマをかけるのもいいし、スタイリングで前髪だけ後ろに流すように巻いてもいいでしょう。ぜひ、お試し下さい。

 

 

 

<ボリュームコントロールで作る面長カバー方法>

 

 

もはや、前髪なんて無くても大丈夫なんですよ!

 

 

こちらのモデルさん、ふわ~ってパーマかかってますよね。
これです。このパーマがポイントです。

 

 

この赤丸で囲んだ所に、ふわ~ってボリュームが出てますよね。

 

この頬くらいにかかっているパーマのボリュームコントロールで面長や輪郭をカバーしてくれています。

 

もちろんパーマをかける前のカットも重要です。

 

程よく顔周りにレイヤーを入れて動きを出すことによってパーマをかけた時のボリューム感が生きてきます。

 

これで完璧にコンプレックスを解消してくれています。

 

これであなたも、もう悩みム・ヨ・ウ!